武蔵小杉の物の値段について

武蔵小杉は東急東横線沿線にあり、また人も物も多い地域です。

こうした地域では東京都心ほどではないにしても物価は高めになります。

物の値段が高くても人が離れていかないのはそれだけ便利であるという点や、他にも就労先が多くあること、渋谷と横浜をつなぐ東急東横線沿線ということで多くの人が行きかう町であることなどがあります。

こうした好条件の町には、消費する側の人数の方が多いので、供給する物の値段は自然と高めになります。

ただし、競争は発生しているので、あまりにも高い場合で物の値段やサービスと釣り合わないような場合には、競争に敗れてこの地から撤退せざるを得なくなりますから、需要と供給それとニーズをはき違えないことが商売人には求められます。

また、交通の結節点でもあるために、物の集積が行われやすい地域でもあります。

物が多くあれば値段は下がるはずですが、先述のように需要と供給の関係から、それほど値段が下がるということにはなっていないのが現実です。